切土・盛土の基準

開発許可を行うためには、原則として技術基準・立地基準に適合している必要があります。

上記のうち、技術基準は全部で14の項目に分かれています。

※技術基準の各項目については、「技術基準」をご確認ください。

ここではそのうち「⑦切土・盛土」の基準について、説明します。

これは、地盤沈下やがけ崩れ、出水などによる災害を防止するために、地盤の改良、擁壁や排水設備の設置について定めている基準で、特に下記の表上欄に記載する区域での中欄記載の工事については、下欄の通り適合基準が定められています。

tekigou

特に、開発行為によって生じる崖においては、排水のための勾配や、その勾配によって擁壁の有無、その擁壁に必要な水抜穴の基準など、規定は細かく、また数多く存在します。

なお、崖の定義としては、「地表面が水平面に対して30度超となる土地で、硬岩盤(風化の著しいものを除く)以外のもの」を指します。

下記の図は、さいたま市の手引きより抜粋したものですが、大まかな区分や基準をこちらで確認してください。

gake1

gake2

gake3

gake4

gake5

gake6

なお、詳細な基準については、下記のリストに記載された条文をご確認ください。
gake7

 

その他の基準については、以下のリンクをご利用下さい。

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください