違反行為と罰則

違反行為と罰則について

法律の内容に違反した開発行為を行うと、
違反の内容に応じて様々なペナルティがあります。

ペナルティの内容は、
過料と呼ばれる軽いものから、罰金
重いものでは懲役という刑も定められています。
過料というのは、間違ったことをしてしまったときに
払う事になるお金で、罰金より軽いものです。

上のような刑以外でも、
違反行為をした会社として公報に名前が載ってしまったり
知事が違反したことを知らせる看板を現地に立てたり
会社の社会的な信用も失うことになります。

開発区域に対する電気・ガス・水道も
知事の要請によって止められてしまいます。

違反したとして注意を受けたり指示を受けたりするのは
その行為をした本人だけでなく、工事施工者や注文者にも及ぶ事になります。

知事の命令に違反した場合 1年以下の懲役
又は
50万円以下の罰金
 無許可の開発
建築制限に違反しての建築
建築制限に違反しての用途変更
 50万円以下の罰金
 報告や資料の提出を拒否したり、虚偽の報告や資料を提出  20万円以下の罰金
 廃止届をしなかったり虚偽の廃止届を提出  20万円以下の過料

 

アイサポートにお任せください!
まずは一度、お気軽にご連絡ください
0120-717-067
メールは24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

↓電話番号をタップして発信できます↓

0120-717-067

受付時間 平日9:00〜18:00 お気軽にご連絡ください